読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アザトースどあ生態記録日誌

神話生物アザトースを彷彿とさせると巷で噂のどあちゃんですฅ(๑'Δ'๑)趣味のボドゲや人狼、お仕事や日記などつらつら書いていこうと思います( ›ω‹ )

【再販】ようやく入手!インサイダー•ゲーム【オインクゲームズ】

いぇ〜〜〜い( ›ω‹ )💕💕

やっと手に入れたよ!!!

 

インサイダー・ゲーム!

 

こちらのカードゲーム、

大変人気で在庫切れとなっておりました。

 

ですがこの10月末、ようやく再販されたので

待ってましたァ!とばかりに購入してきました❤︎

 

パッケージデザインと内容物

はい、パッケージがこちら!( ›ω‹ )✨

「あなたは操られている」という

キャッチコピーにふさわしいデザイン!

f:id:doachan1610:20161105205659j:image

作者:team Insiderrrr
企画・ディレクション・アート:佐々木隼
4〜8人用/プレイ時間15分/対象年齢9歳以上
内容物:お題カード42枚/役割カード8枚/砂時計/遊び方説明書(日・英)

価格:2,300円(税込)※JERRYJERRYCAFE価格

ジャンル:水平思考ゲーム

オインクゲームズさんの

パッケージデザインは常にセンスよい(๑°⌓︎°๑)

 

はい、中身はこんな感じ!( ›ω‹ )

f:id:doachan1610:20161105210033j:image

あれっ!?

砂時計が黒くなってるぅう!(๑°⌓︎°๑)f:id:doachan1610:20161105210038j:image

 初版はオレンジだったのですが。

うん、こっちのほうがシック!( ›ω‹ )

 

良い改変ですねっ( ›ω‹ )💕

 

ルール説明

ゲームには3つの役職があります。

f:id:doachan1610:20161105213802j:image

マスター:お題ワードの出題者となる

庶民:お題ワードを知ることが出来ない

インサイダー:お題ワードを秘密裏に知れる

 

①上記の役職カードをランダムに配る。

マスターが全員の目を閉じさせ、先にお題ワードを確認する。

f:id:doachan1610:20161105214255j:image

↑お題カードはこんな感じ

 

マスターも目を閉じ、インサイダーのみ目を開け同様にお題を確認する。

④全員目を開け、今回のお題は何だったか、お題を知っているマスターに向けて「はい」か「いいえ」で答えられる質問をする。 

 

例)

「それはコンビニで買えますか?」

「それは地図に載っていますか?」

 

お題に辿り着いたところで第1のフェーズが終了。

 

⑤第1のフェーズ中、秘密裏にお題を知っていたインサイダーが誰だったかという話し合う第2のフェーズに移行する。

⑥インサイダーが誰か解れば庶民&マスターの勝利、インサイダーが誰か解らなければインサイダーの勝利となる。

 

ちなみに、お題に辿り着けなければ全員敗北となるので

庶民達がお題に辿り着けなそうだったら

インサイダーがお題に誘導しなくてはならないのです。

 

でもお題に近づきすぎる質問をすると

インサイダーを炙り出す第2のフェーズで

「さっきの貴方の質問はお題を知ってるから言えることだよね?」

とインサイダーであることがバレやすくなってしまうので

この質問をしてもよいものなのか、と駆け引きが難しいところです。

 

ゲームの面白いところ

やっぱりゲームの面白いところは、

人柄が出るところだと思います( ›ω‹ )

 

インサイダーを引いた時の

動き方が人によって違うところが面白い!

 

例えば

インサイダーになった途端

口数が減ってしまったり、

逆に多弁になってしまったり。

 

慣れてくると駆け引きがうまくなり

ギリギリの質問をわざと言ってみたり

お題が簡単なのであえて放置してみたり。

 

ゲームの流れは同じなのに

毎回違う展開をみせてくれるのが

インサイダー・ゲームです。

 

シンプル且つ突き抜けた面白さで

近頃のゲームでは

名作中の名作だと思いますね。

在庫切れとなるのも納得。

 

はじめて遊ぶ人が皆口を揃えて

「インサイダー・ゲームは面白い」

と言っておりますね。

 

勿論、何度も遊び尽くした

趣味友達間でも面白すぎて

ゲーム会をする度にインサイダーは

欠かせない存在となっております。

 

はい、貴方たち全員

製作者に操られてます()

 

でも本当に面白い!

これから先も何度もお世話になると思います(笑)

 

また在庫切れになる前にご購入を!

とりあえずやってみたい〜という子は

私に声をかけてね!!